東京モータフェス参加レポート


今回は公式アプリにイベントスを導入していただいた東京モーターフェスに実際に行ってきたので、アプリの使用感とともに東京モーターフェスの魅力についても書いて行きたいと思います。

tmf%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

目次

・東京モーターフェス2018について

・いざ出発!アプリで会場までの道のりがすぐわかって便利!

・省スペース!片手でサクサク情報GET!

・アプリで試乗予約!

・ブースを散策

・まとめ

東京モーターフェス2018について

img_4740

今回のモーターフェスは平成最後ということもあり、バブル時代を彩った名車の展示が多くされていて、懐かしさを感じられました。

もちろん最新の自動車も展示されており、他にも様々なブースや展示がありイベント全体を通して幅広く楽しむことができました。

そんな東京モーターフェスですが、アプリを活用してイベントに参加するとどんなメリットがあるのか実際に現地に赴いてアプリを使用してみました。

いざ出発!アプリで会場までの道のりがすぐわかって便利!

img_4623

 

会場までのアクセスはアプリで簡単に確認することができます。

会場へ向かう電車の中で簡単にイベント情報を確認することもできます!

あれに乗って…あれを見て…連携イベントのオクトーバーフェストであれを飲んで…と妄想は膨らむばかり。事前に十分なリサーチができていない人でもスピーディーにイベント情報を調べることができます!

省スペース!片手でサクサク情報GET!

img_4630

会場に近づくにつれ車内はどんどんと混雑状態に。そんな時でもスマホでイベント情報を調べられるのはとても便利でした。紙媒体だとこうはいきません。

しかもイベントスはネイティブになるので、ネットワーク環境に左右されずにアプリを動かせます!(年内リリース予定versionから)

 

最寄駅の東京テレポート駅に着いてからもアプリ上のマップがあるので出口などの細かいことも簡単、迷わず会場に直行できます。

img_4700

会場に着いてからも紙のマップやタイムテーブルなどは必要最低限で済みます。

「片手が空く」というのがアプリの最大の強みだと感じました!とにかく楽!

 

アプリで試乗予約!

img_4648

 

 

今回の東京モーターフェスアプリの最大の目玉は、やはりアプリ上での試乗予約でしょう。ブース内で位置情報をオンにすることで予約できるようになります。従来の予約よりも圧倒的に時間短縮でき、試乗以外のコンテンツを楽しむ時間が生まれ、幅広くイベントを楽しむことができます。

ということで、会場到着後、早速試乗予約画面にチェックインできるか試してみると…

 

 

img_4647

 

 

無事できました!ワクワク!

あとは11時の予約開始時刻を待つだけです…ドキドキが止まりません…

そしてついに予約開始の時間になりました!!!

私の第一希望はオフロード車、人気試乗ですが果たして予約を勝ち取れるか…結果は…

念願叶わず予約できませんでした〜、悔しい!

 

 

img_4664

 

 

しかし、なんとか第二候補の二輪車の試乗予約をもぎ取り、いざ試乗会場へ!

試乗予約→受付→試乗までの流れは非常にスムーズで、ストレスフリーで試乗できました!

 

ブースを散策

img_4719

 

試乗を終えてからは、様々なブースを見て回り、最後には近くで行われていたオクトーバーフェストで一杯!今年の東京モーターフェスも最高なものになりました。

 

まとめ

今回、 アプリを活用してイベントに参加することで、より一層東京モーターフェスを楽しめました。今後、アプリでできることが増えていけば、イベント自体もさらに楽しさを増すことでしょう。

これからのイベントスに、ぜひご期待ください!