text_anke-to


%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%84%e6%98%8e%e3%81%91%e3%83%bc%e3%81%a8

2015年からイベントや展示会に特化したアプリとしてリリースしているeventosですが、お陰様で2018年に入りお問合せが非常に多くなってきております。

様々なクライアント様に訪問させて頂き貴重なご意見をお伺いしリリースされた“リアルタイムアンケート・アンサーパッド”機能について今回はご案内させて頂きます。

リアルタイムアンケート・アンサーパッドとは?


アンサーパッドとは、学会や企業セミナー、株主総会などでよく利用されリアルタイムにアンケートがとれる製品です。来場者の声がすぐに可視化されるので、登壇者と来場者とのやりとりが密接になり、イベント自体の双方向性が高まります。

アンサーパッド以外にもクリッカーやトータライザーと言うように呼ばれたりもしれいます。

 

リアルタイムアンケートの実情


これまでリアルタイムアンケートは、このアンサーパッドやクリッカーで行われてきました。ただ、リアルタイムにアンケートを取るためだけに、この製品を利用する必要があり、製品自体も海外のものがほとんどで取り扱っている会社も少なくレンタル費用がとっても高い。

 

リアルタイムアンケートアプリ


そこでeventosでは、このリアルタイムアンケート機能をアプリの機能として実装しました。アプリとして実装することにより、製品をレンタル・管理する必要がなく、簡単に誰でも使える。

何より製品が古くならない!実際海外製品などが多く、機能はもちろん製品自体も昔のものをリースで使い続けているのでたまに残念なものもあったりします。

 

アンケートの回答率があがる


リアルタイムアンケートの利点は何よりもその回答率にあります。当然アンケートを取るのはイベント開催中ということもあり、来場者はアンケートに答えることでよりイベントへの参加感が高まるので積極的に回答をしてくれます。

自分が聞きたくて参加している登壇者に質問されたら回答したくなりますよね?

 

来場者満足度アップ


昨今twitterやニコニコ動画などの影響もあってか、来場者の声を可視化させるイベントが増えてきています。リアルタイムアンケートは、来場者との双方向性を高め、イベント自体をこれまで以上に活性化させます。

 

リアルタイムアンケートの可能性


来場者にとっては、イベントへの積極的な参加感を持ってもらえ、主催者にとっては、アンケートの回収率があがるという両者にとってリアルタイムアンケート機能は非常に大きな役割を持ちます。

これまでは、学会や株主総会など限られたイベントでの利用が多い機能ではありましたが、地デジなどではなかなか普及しなかった中継放送などとの連動も簡単にできるようになります。主催者側はイベント自体の訴求に、利用者側はイベントへの参加感をより高く得られるでしょう。

ぜひeventosでリアルタイムアンケートをご利用下さいませ!

イベント特化型アプリ eventos