man-1418842_1280


man-1418842_1280
技術の進歩は目まぐるしく、最近はIT技術を活用した新しい体験がどんどん出てきています。
特に目立ってきているのが(バーチャル・リアリティ)でしょうか。
東京都内でも続々と体験スポットができてきています。

VRはこれまでにない体験を得る事が出来る素晴らしい技術です。
その場に行かなくても、まるでそこに居るかのような錯覚を起こし、
その驚異的な没入感によって現実にはありえない場所に行く事や、
ゲームやアニメの世界に入り込む事も可能です。

そこでVRとイベントアプリを組み合わせた場合の可能性を考えてみました。
簡単に思いつくのは

・カメラを利用したVRセミナー
・360°カメラとライブ配信を利用したVRライブ

などでしょうか。

イベント会場に設備を導入すれば、視覚だけではなく聴覚、触覚といった
五感全てを錯覚させる事も可能になるでしょう。
その体験によるインパクトは計り知れません。

今やスマホでもハコスコなどを通して簡易VRゴーグルとして機能する時代です。
YouTubeに360°動画をアップしておけば、
出展社のページに貼られた動画のリンクから直ぐにVR動画を観る事が出来ます。
VRだけでもまだまだ可能性がありそうですね。

そしてVR以外にも、WEBでは出来なかった事がアプリになれば出来るようになります。
以下は一例としてですが、

・ビーコンや地磁気センサーを利用した会場内(屋内)ナビゲーション
・カメラを利用したARナビゲーション
・マイクを利用した文字起こしやリアルタイム翻訳
・加速度センサーやジャイロセンサーなどを利用したデジタルサイネージやプロジェクションマッピングへの参加(体験)

などなど。

これからはモノではなく体験が価値となる、と誰かが仰っていましたが、
我々も本当にその通りだと思っています。
スマホアプリと技術の進歩によって可能になる現実での体験にはまだまだ見えていない先がありそうです。

これまではとりあえずWEBサイトを作る時代でした。
しかし今後はあらゆる物が、とりあえずアプリを作るという時代になっていくのかも知れません。
そんな未来を見据えて、イベントアプリを手軽に作れるというサービスを作りました。

もしご興味があれば、Eventosのお問い合わせフォームからご連絡頂けますと幸いです。

eventos_bnr