今回も本ブログにて、bravesoftにて不定期木曜日19:00より配信しておりますイベ博(eventech EXPO)のレポートをさせて頂きます。

top-305f74de-a976-4e62-b527-e9666ffdb238

 

イベ博とは?
 「リアルではなかなか集まることが難しいけど、オンライン上でもイベント業界を盛り上げていきたい!」そんな想いから、不定期木曜日19:00~20:00に様々なゲストをお招きし、イベント業界にまつわる有益で楽しいコンテンツをライブ配信している新しいイベントコミュニティです。アカウント登録後、どなたでも無料でご視聴いただけます。ご登壇ゲストも随時募集しております。
 web_page-36690-88257d35-662c-43d2-8285-09996498c778

 

本日のゲストは、
スーパーペンギン株式会社代表取締役 竹村 尚久様をお招きし、お話頂きました放送回をご紹介させて頂きます。

 

配信内容

「第10回 日本初?HYBRIDイベント[PHASE]in SMALL WORLDS TOKYO開催秘話!」

<日時>
2020年6月25日(木)19:00〜

<特別ゲスト>
スーパーペンギン株式会社 代表取締役 竹村 尚久
<モデレーター>
bravesoft inc. 取締役 兼 eventosユニット統括 清田 耕一朗
<スピーカー>
bravesoft inc. eventos growth事業部長 岡 慶彦

<目次>
20:30〜 導入
25:30〜 竹村様を迎え、Liveアンケートの質問に回答
28:00〜 コスパ面と商談成立について
36:00〜 イベント開催理由と準備期間について
39:30〜 PHASEのEのロゴデザインの意味
51:30〜 展示会における音の干渉について
1:07:30〜 次回予告

※ 配信の事前準備の関係上、アーカイブ動画では配信開始は18:30からとなっております。
また、今回は特別に18:30の配信開始までは「PHASE」の紹介動画がお楽しみ頂けますのでどうぞご覧くださいませ。

 

イベント概要

■導入

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-22-14-47-28

今年の5月25日の緊急事態宣言解除や6月19日の東京アラート解除以降、人々がイベントに出向く機会が徐々に増えました。そのようなイベント再開ムードが活発化する中で、しっかりと感染予防対策を実施することがどのイベントでも当たり前になりました。
コロナ感染拡大防止ガイドラインも次々と発表されましたが、イベント業界はその感染予防対策・ガイドラインがある中で「どうやって感染拡大防止策を実施しながら人々が満足するイベントを主催できるか」について頭を悩ませていました。

そんなイベント業界中がコロナ禍のイベント主催で悩んでいる中で、6月1日に開催された展示会が話題になりました。

 

■イベントのテーマ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-23-15-16-36

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-23-15-16-57

その展示会とは「PHASE」と呼ばれる出展者不在のイベントで、リアルイベント会場には来場者しかいないという構図で成り立つものであり、会場は「SMALL WORLDS TOKYO」にて5日間に渡って開催されました。
イベントを主催されたのはなんと、主催経験はこの展示会が初めてというスーパーペンギン株式会社さんです。
今回のイベ博ではスーパーペンギン株式会社 代表取締役社長の竹村様をお迎えし、「PHASE」の開催秘話について詳しくお話しして頂きました!

 

コスパ面と商談成立について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-22-14-49-44

A. コストとして一番高いのは会場費ですが、今回は「SMALL WORLDS TOKYO」さんのご提供があり、お互いに協力関係ってことで「ほぼほぼ」ってとこですね。基本的には全て手弁当で行ったので、そもそも採算を取るという考えでは絶対にできませんでしたね。なのでまずは開催してみて、あとはみんなが真似してくれたらいいなという気持ちでいたので、とりあえず今回は試験開催をすることに思い切って注力しました。

また、商談成立に関してですが、来場者の内訳を見てみると全体の2割ほどしか問屋さんやバイヤーさんはいませんでした。なので、実際のところ商談成立はそれほどではないです。だからこそ、今回は試験開催って言ってたんですけど、ただ、「その1社が非常に良かった」という声も上がっており、最近全くバイヤーさんと繋がれてなかった出展者には喜ばれたと思います。

 

イベント開催理由と準備期間について

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-22-14-50-49

A. 5月11日にキックオフMTGを最小限のメンバーで行いました。そして、12日に出展社の方々にお声がけしてその日のうちに12社全て決まりました。これは普通だとできないことなんですが、実は今回のイベント出展された方々は当社のブースのお客さんばかりなんですよね。お客様もこのようなコロナ禍の危機的な状況を感じられていることは共通で、今回やろうとしていることにすごく共感してもらえたことがおそらく決定打になったのではないかと思います。

 

PHASEのEのロゴデザインの意味

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-22-14-52-40

A. 今回の「PHASE」という言葉には出展フェーズを設けましょうという意味がありました。これまでオンラインの展示会とリアルの展示会というものはありましたが、今回はその中間ということでグレーなんです。これは「オンラインで気軽に参加できる展示会があってもいい。リアルでしっかり参加できる展示会があってもいい。なら、その間の展示会があってもいいんじゃないか」ということを先方のグラフィックデザイナーさんにお伝えしたところ、Eの部分をこのようなデザインにして頂きました。なので、ロゴのEの縦棒を繋がなかったというよりかは、3つのフェーズがあるということを強調してデザインしてくださったのだと思います。

 

イベント視聴してみて(筆者の感想)

まとめ

今回のイベ博では竹村様に「PHASE」の開催秘話についてお聞きしましたが、5月11日からイベント準備を開始され、6月1日には5日間に渡るイベントを実現させた、その裏側には竹村様を始めとするスーパーペンギン株式会社さんのこれまでの信頼と、3週間の怒涛の準備があってこそ出来上がった展示会だったと言える回でした。

まずはとにかく自分たちがファーストペンギンならぬ、3週間でイベント実現させるスーパーペンギンとして試験開催することで、少しでも良かった部分はどんどんみんなに真似して欲しいというオープンソースな精神をお持ちだったことには感無量でした。

そして実はまだまだ本レポート上では取り上げ切れていない面白い開催秘話が沢山ございます。特に「PHASEのロゴの意図」の質問パートからは実際に試された3つの出展方法について、良かったところや改善する必要があるところ、更にはどの出展タイプが1番商談数が良かったのかなどについてもお話しされております。

[出展方法]
その1:常時zoomで繋がっており、ディスプレイの前に人が通ると出展社が声をかける。
その2:事前にzoomでインタビュー動画を録画しておき、ループで流し続ける。
その3:インタビューはなしで、プロモーションムービーのみを流し続ける。

※基本的にはどのタイプでもボタンを押せばいつでも商談ができる状態にはなっています。

この質問の回答が気になる方はぜひこの機会にアーカイブ動画をご覧になられてください!
ちなみに視聴ユーザー数は今回の第10回までの中で過去最多でした!!無料アカウント登録後すぐにご視聴いただけます!

 

次回予告

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-22-14-56-55

次回の配信レポートのゲストは株式会社アクセスグループ ・ホールディングス代表取締役 木村 勇也様をお招きしました放送回をご紹介致します!テーマは「就職採用イベントの今」ということで、これまではイベント業界の現場に身近なゲストが多かったですが、ついに上場企業の社長さんをお呼びした回になっております。木村様が実施されたハイブリッド型就活イベントのデータをもとに、これからの就活イベント成功の秘訣について次回お届けいたします!

 

イベ博で使用されているeventosの機能ご紹介

■Live配信機能(詳細はコチラから)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2020-12-22-14-45-28

Live配信ではユーザ数コメント欄を表示することができます。eventosでは自社でサイトを持てるだけではなく、このようなLive配信機能を使うことで自社のイベントセミナーを行い、リード獲得に結びつけることが可能です。ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ!
eventosはweb上だけでは把握しきれないほど豊富な機能を取り揃え、自社専用イベントプラットフォームを作れるサービスになりますので、Live配信機能以外にも自社開催のイベントで使えそうな機能をお探しの方にはお役立ち資料をダウンロードしてごゆっくりご覧くださいませ!

以上、配信内容を要約して紹介させて頂きましたが、
今回のLive配信の詳細に関しましてはコチラよりアーカイブ配信を行っておりますので、
お済みでない方は視聴会員登録を行った上でご視聴頂ければ幸いです。

それでは次回の配信レポートもお楽しみ下さいませ!

web_page-36690-88257d35-662c-43d2-8285-09996498c778

イベ博(eventech EXPO)
https://www.ibehaku.com/