8a5e58d3fc326047edc878e3152cce8f_t


近年様々なイベントが開催され、イベントマーケティングが企業にとって重要な戦略の一つになっています。イベント開催には多くのメリットがありますが、一方でデメリットも数多く存在します。そこで今回はイベント開催のデメリットを洗い出し、イベントアプリを使った改善策をご提案します。

 

■目次

・準備作業の多さ

・十分な告知が必要

・希望するターゲットだけを囲い込めない

・想定外のことが発生する

・まとめ

 

準備作業の多さ

イベント企画には多くの準備作業があります。会場の選定、備品の手配、会場のデザイン、警備等数えだしたらキリがありません。また多くの準備作業を並行して行わなければならず、多くの労力を費やします。

10373000088

そこでイベントアプリを導入すればビラ印刷や告知作業の負担が軽減されます。また最速たったの5日でイベントアプリを作成することができ、計画通りの予定で準備を進めることができます。

 

十分な告知が必要

イベント開催にあたり、多くの人が来なければ意味がありません。逆に多くの来場者を集めることができればイベント開催費用に対しての効果が高くなります。そのため、テレビ、ラジオなどのメディア宣伝からビラ配りまで様々な手段で告知することが重要になります。digital-advertising-hed-2016

そこでイベントアプリを作成すれば様々な内容を来場者に告知することができます。まずイベントに興味を持ってアプリをインストールする段階まで持って行かなければなりませんが、一度興味を持ってもらうことができれば細かな内容をアプリ経由で伝達することができます。

 

希望するターゲットだけを囲い込めない

いくらターゲットを絞り告知活動をしてもターゲット以外の来場者も多く来ることが予想されます。例えば40代女性をターゲットにしたイベントでも若い世代の女性、また男性もイベントに来るのです。そうするとアプローチしたいターゲットに対する接触費用が薄まる可能性があります。

target

しかしイベントアプリのイベントスを使えば、来場者に属性を入力してもらうのでターゲットを絞ったマーケティング展開が可能になります!イベント当日で終わるのではなく、持続性のあるマーケティングにもイベントアプリのイベントスを活用できます。

 

アクシデントの発生

イベント開催にはアクシデントがつきものです。急な食中毒や災害が起きた場合、イベント主催者は来場者の安全に対して責任を負うことになります。また不特定多数の人々が一つの会場に集まることで予期せぬ事態が起こりやすい状況になります。

accident-putlam-4

アクシデント発生時にはアプリを使うことで来場者に正確な情報を迅速に伝えることができます。例えば災害が起きた際、場内アナウンスではパニック状態の来場者には正確な情報が伝わりません。しかし、アプリ内で情報を文面にして伝えることで情報がより正確に伝わります。リスク管理もアプリで可能になるのです。

 

まとめ

イベント開催には、前述したように様々なデメリットがつきものです。また問題が起きればすぐに炎上してしまうこの時代、集客だけでなくリスク管理にの面にも注意を払う必要があります。そのことによりイベント開催時のタスクが増大しています。

corporate_img_3

そこでイベント開催の助けとしてイベントアプリを利用することにより、イベント開催の負担を軽減するだけでなく、さらに便利で効率的なマーケティングが可能になります。