%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88-%e6%8e%88%e6%a5%ad-2000%ef%bc%883%ef%bc%89


もっと学生の意見を知りたい。そう思っている方はいませんか?
そんなあなたに適したサービス、リアルタイムアンケートについてご紹介。回答結果は即時に集計され、全体に共有することができます。アンケート導入のメリットから有料サービスまで全て紹介いたします!
%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88-%e6%8e%88%e6%a5%ad-2000%ef%bc%881%ef%bc%89

「リアルタイムアンケートサービス」はこんな時に役に立つ

リアルタイムアンケートサービスは、授業やセミナーの場で、参加者がリアルタイムに投票したり意見を送ったりでき、すぐに集計もできるサービスのこと。スマホから、専用サイトまたはアプリを開くだけで簡単に利用できます。
「一方的ではなく、学生と双方向のコミュニケーションがとりたい」「学生の意見を取り入れた授業にしたい」という方に特におすすめと言えます。

学生の意見をリアルタイムで集計したい

「授業中に学生に意見を求めても、なかなか反応がない…」なんて場面は多いと思います。そんな時に、リアルタイムアンケートサービスが役に立ちます。
アンケートを実施するだけでなく、その場で集計・グラフ化まででき、結果を全体に共有できます。そのため、学生と講師で共通認識を持つことができ、授業内容の改善にも生かすことができます。

授業をインタラクティブな場にしたい

大勢の前で発言するのが苦手な学生もいるでしょう。リアルタイムアンケートサービスでは、文章で意見を送ることもできるので、そのような学生でも自分の意見を明確に伝えることができます。
意見を反映することで学生の授業への積極性も高まり、よりインタラクティブ(双方向的)な授業になるのではないでしょうか。

アンケートを行うメリットは?

%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%88-%e6%8e%88%e6%a5%ad-2000%ef%bc%882%ef%bc%89

次の授業に向けた改善につながる

大学の授業のような大勢が参加する場で、学生一人一人に意見を聞くのは難しいことです。しかし、リアルタイムアンケートサービスを利用することで、簡単に全員の意見を集めることができます。
アンケートの実施・回答にかかる負担を大幅に減らせるだけでなく、集計結果を元に講義の内容や進め方の改善につなげることもできるのです。

双方的なコミュニケーションの場になる

リアルタイムアンケートサービスには、クイズやコメント投稿の共有・評価など、楽しみながら参加できる機能もあります。
それらの機能を活用することで、一方的になりがちな授業を「双方向的なコミュニケーションの場」にでき、学生とのエンゲージメント(つながり)も強まるのではないでしょうか。

授業で使える!法人向け有料サービス

ここでは、特に授業におすすめの有料(一部無料)サービスをいくつかご紹介します。

イマキク

https://imakiku.com/ja/#!/

教育現場に特化したオンラインアンケートサービス。簡単なアンケート作成・集計やコメント投稿ができる基本機能から、出欠管理や投票回数指定などのオプション機能もあります。
「教育機関向け」「法人向け」プランがあり、それぞれお試しは無料。教育機関向けプランは年額1~5万円までの4つのプランがあり、金額が高いプランほど大勢が参加できます。

respon(レスポン)

https://respon.jp/

アンケートや出欠管理が簡単にできるスマホアプリ。「クリッカー」という簡易アンケートを授業中に発行できるので、臨機応変なコミュニケーションが可能です。また、GPSで位置情報を確認できるので、より厳密な出欠確認ができます。
無料プラン、ライトプラン(3ヶ月15万円、6ヶ月30万円)、エンタープライズプラン(利用人数ごとに見積もり)があります。なお、無料プランは1日に発行できるアンケートの数や設問数などに上限があり、集計結果のExcel出力ができないなどの制約があります。

SurveyMonkey(サーベイモンキー)

https://jp.surveymonkey.com/

海外でよく使われている、オンラインアンケートサービス。機能が豊富で多言語対応もしているので、留学生向けのアンケートも可能です。
一人用の個人プランと3名以上で使えるチームプランがあり、それぞれの料金プランが設定されています。個人プランはベーシック(無料)、標準(月額6,500円)、アドバンテージ(月額5,800円)、プレミア(月額14,500円)の4種類。無料でもある程度は利用できますが、質問数や回答数、集計方法などに制限があります。

8ppy(ハッピー)

https://8ppy.jp/#section1

「リアルタイムアンケート&クイズシステム」が利用できるオンラインサービス。
クイズ・アンケートの作成はもちろん、出題順や質問内容をその場で変えたり、「つぶやき機能」で感想や質問を気軽に投稿したりできます。授業やセミナーから、結婚式の二次会まで幅広いシチュエーションでの利用が可能です。
料金は、小規模向け(500円×人数)、大規模向け(定額29,800円)、店舗向け(月額189,000円)と全て有料ですが、14日間お試しできる無料トライアルもあります。

まとめ

ここまで、リアルタイムアンケートサービスについてご紹介してきました。サービスのメリットや、具体的な内容などがお分かりになったかと思います。
リアルタイムアンケートサービスを利用することで、実施側・回答側の双方の負担が減るだけでなく、授業の質も高められるのです。
まずは無料で試してみて、自分に合ったものを見つけるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

eventos_bnr