img_0332


今回のeventos導入インタビューは、全世界で4000店舗以上のフィットネスクラブ・フランチャイズを展開しているFast Fitness Japanさま。2019年5月に開催されたANYTIME FITNESSオーナー向けカンファレンス「ANYTIME FITNESS JAPAN ANNUAL CONFERENCE 2019」にて公式アプリとして導入いただきました。今回は発起人でありカンファレンスの委員長でもあるFast Fitness Japan 営業本部事業企画部部長 石渡 健太郎 さまにお話を伺いました。

 

==

インタビュアー

広報戦略本部       :村山

eventosディレクター :榊原

eventos営業担当   :後藤

==

 

■Fast Fitness Japanカンファレンスについて

 

村山「本日はよろしくお願いいたします。まず今回アプリを導入いただいたイベント、”ANYTIME FITNESS JAPAN ANNUAL CONFERENCE 2019”とはどのようなイベントなのでしょうか。」

 

石渡さま「全世界で4000店舗以上フランチャイズ展開されているANYTIME FITNESSのカンファレンスで、フランチャイズオーナーさま、ベンダーさまを労うアメリカ発の年次総会です。」

 

石渡さま「4年前から”JAPAN”が開催されるようになり、東京・大阪と続き今回が初のリゾート地、沖縄で2泊3日での開催となりました。」

 

村山「ありがとうございます。インナーイベントでも様々な形がございますが、今回のカンファレンスはどのような場として開かれたのでしょうか。」

 

石渡さま「ドゥ・ザ・ライト・シング (Do the right thing)をテーマに、参加されたオーナーさまのロイヤリティ向上、モチベーションの向上を促進する場となっております。」

 

村山「ありがとうございます。ちなみにお伺いしたいのですが、日本でフランチャイズ展開をされているオーナーさまはどのような背景を持つ方が多いのでしょうか?」

 

石渡さま「大きく分けると3パターンですね。1つ目は脱サラしオーナー運営を開始される方です。コンビニなどでよくあるパターンですがそのようなイメージを持っていただけると。ただうちはジム運営なので初期投資が大きく、資金調達で断念される方もいらっしゃいます。」

 

石渡さま「2つ目は個人で複数のフランチャイズオーナーをされているパターンです。すでにいくつかの店舗経営を行っており、新たにジム運営をというイメージです。そして3つ目はその企業版です。大手企業などが新規事業として複数店舗の運営を行うことも珍しくありません。」

 

 

■アプリ導入のきっかけ

 

村山「ちなみに”eventos”を知って頂いたのはどのような切っ掛けだったのでしょうか?」

 

石渡さま「確か、webで”イベント アプリ”などで検索しプロダクトサイトを見つけてお問い合わせをいたしました。」

 

村山「ありがとうございます。イベントでアプリを作ろうと考えたのは何故でしょうか?」

 

石渡さま「元々はアメリカで行われたカンファレンスで公式アプリがあったんですよ。そこに参加した際に使用し、とても印象的だったので。世界観の共有というか、参加者同士のコミュニティ形成に抜群でしたね。”アプリをダウンロードしたら1つの村に参加できる”みたいな感覚があり、日本で開催する時にはイベントアプリを作ろうと考えておりました。」

 

村山「そこでちょうどよくeventosが目に止まったということですね。」

 

石渡さま「そうですね。アプリを作りたいとは思っていましたし、パッケージ製品なので開発費も抑えられるのでまずはやってみようと、導入に踏み切りました。」

 

 

ANYTIME FITNESS JAPAN ANNUAL CONFERENCE 2019アプリについて 

村山「実際に導入いただき、アプリはいかがだったでしょうか?」

 

石渡さま「やはり参加者の反応は大きかったですね。”カンファレンスで公式アプリを作るなんですごいですね!”など公式アプリがあるという事ですでにビックリされたりしました。」

 

石渡さま「またイベントのスケジュールや運営からのお知らせプッシュなど情報共有としても活躍してもらいました。」

 

村山「ありがとうございます。反対に課題となる機能はございましたでしょうか?」

 

石渡さま「アメリカのカンファレンスで使ってみて体感できた、世界観の共有までには至らなかった事ですね。チャットで参加者同士のコミュニケーションは図れましたが盛り上がり面での演出はもう少し足りなかったなと。」

 

榊原・村山「次回に向けての課題としてまた提案させてください。」

 

 

■今後について 

 

村山「ありがとうございます。また話は変わりますがすごい勢いですね、私がみたニュースでは2018年2月で300店舗となっていましたが、受付には”500 CLUB JAPAN” の看板が…」

 

石渡さま「えぇ、最近は特には勢いがありますね。実際あの数字も少し古くて、今は550店舗弱ぐらいまで伸びていますね。」

 

村山・榊原「すごいペースですね 笑」

 

村山「ちなみに次回カンファレンスはどちらで開催されるご予定でしょうか。」

 

石渡さま「次回は北海道で開催を予定しております。」

 

村山・榊原「ありがとうございます。まだまだ成長中ですので来年のeventosにもご期待ください。」

 

石渡さま「楽しみにしております。」

 

石渡さま、Fast Fitness Japanの皆さま、ありがとうございました!