最近のビジネスワードの1つに「ホットリード」という用語がありますが、その説明をする前に、まずは「リード」の説明をさせて頂きます。

リード(Lead)とは、語源の由来は諸説ありますが「見込み客」「潜在顧客」を意味するマーケティング用語としてビジネス業界では活用されております。

そのリードも更に細分化させる事ができ、導入時期は未定だけどいずれかは取引先になり得る潜在顧客は「コールドリード」、近々に導入をしてくれそうな取引先は「ウォームリード」、そして今回のテーマである「ホットリード」は、近々で商談に結びつけられそうな位、具体的に期日や予算がしっかりと見えている見込み顧客に用いられる用語となっております。

そんな「ホットリード」は、形態を変えどもどのようなビジネスをしている人にも必要な存在となります。

飲食店などにおいては「来店してくれそうなお客さん」であり、小売店においては「買ってくれそうなお客さん」、施設であれば「来てくれそうなお客さん」で、もう一押しサムシング・エルスがあればホットリード(確度の高い見込み客)からクライアント(常連さん・お得意さん)に昇華する可能性を秘めた、事業を好転させる可能性を秘めた未来の顧客であり、貴重な存在なのです。

とは言え、そのようなホットリードを獲得したいのはどこの企業も一緒ですので、熾烈なホットリード獲得の為のデッドヒートが行われております。

予算をかけずに、ホットリード獲得を行うには?

手法として、ホットリード獲得に向けて一番手っ取り早いのは広告を出すことです。
TVCMや雑誌・新聞などに情報を掲載すれば、多くの人の目に止まりますので、金に糸目をつけなくて良いのであれば、いくらでも広告を出してしまいましょう。
ただし、この手法の欠点は、昔から言われていますが「反響が見えない」点です。例えば食品CMなどを出しても「そのCMを見て商品を買った」というデータを入手する事ができないんですね。

ホットリードを獲得する事が短期的であれば、そのような広告施策がベターなのですが、世の企業の大半は「ホットリード獲得を24時間365日」行っていますので、毎日広告費を出すのは体力が無ければ難しいですので、予算はなるべく切り詰めてホットリード獲得を行いたいのが心情ですが、予算をかけずにホットリードを獲得するその解は「オンラインイベント」にあるのでは無いでしょうか。

こちらは弊社サービスeventosを活用し、例年行っていた展示会の開催を新型コロナウイルスの影響で断念し、オンライン展示会にシフトチェンジを余儀なくされながらも、これまでのリアル展示会で実現できなかった「遠方からの来場」「24時間365日の対応」を可能とし、結果リアル展示会の開催をも上回る成果を達成する事を叶え、そして何よりもリアルタイムでは取得が難しかったリード顧客を獲得する事ができたブティックス様のインタビュー記事となります。

これまではオンラインで商品やサービスの紹介をするのは、コロナ以前は「Amazon」「楽天」などECサイトが主流でしたが、それらのECサイトは目移りしてしまう位の商品量があり競合も多く、更には購入してくれた顧客の情報しか吸い上げる事ができませんでした。

しかし、オンライン展示会などを代表するオンラインイベントであれば、商品やサービスを必要とする来場者に、必要な情報だけを提供する事が可能となります。
その上で、そのような必要な情報だけが欲しいその参加者は「ホットリード」の可能性が高い顧客となりますし、こうしたオンラインイベントの開催はどのような業態でも可能であると我々は考えております。
もちろんオンラインイベント開催に向けた事前準備やプロモーションはもちろん必要となりますが、一度この作業を行うと、24時間365日で世界中の人々に向けて商品の案内を行えます。

eventosで実現できる世界

オンラインイベントを開催する場合、まずは骨子となるオンラインイベントサイトを作成し、そのサイトを利用した情報提供を行い、ライブ配信動画配信で商品を宣伝し、オンラインチャットオンラインMTGで1on1で対話して受注生産する事も可能となり、更にはそうした同業の方々とコンタクトを取り、同業を揃えたオンライン展示会を開催する事も可能となります。

これらはハードルが高い事に見えるかも知れませんが、eventosであれば上記の機能は全て搭載しており、ホットリード獲得をサポートする機能を全てご使用する事が可能となります。

コロナの影響で今はオンラインによるコミュニケーションが基本となっております。

その上で情報が溢れている中で、必要とする方だけに必要な情報を届けて、購入者を迷わせないこと、そしてそのような購入希望者をリード顧客として、定期的に商品案内ができる「ホットリード顧客」とすることは、主催者と来場者の双方にとってWin-Winの関係を成立させることも可能となります。

以上より、企業が事業継続する為にはホットリードの存在が必要であり、ホットリード獲得にはオンラインイベントが効果的であり、オンラインイベント開催にはeventosが最適である事をご紹介させて頂きました。

配信やイベント運営のプロもおりますので、お気軽にオンラインイベントの開催をサポートさせて頂きますので、まずは一度お気軽にご相談下さい!
https://eventos.tokyo/contact/